So-net無料ブログ作成

都立汐入公園に保育所設置決定!国家戦略特区とは?全国初で2017年オープン! [ライフ]

都立汐入公園内に保育所を設置することを

東京都荒川区が決定しました。

これは全国初の試みで

荒川区が国の「国家戦略特区」に提案したことで

決定に至ったそうです。

今回は国家戦略特区について

調べてみましたのでご覧ください!


スポンサードリンク





国家戦略特区とは?

安倍晋三内閣総理大臣が打ち出した

アベノミクスの第3の矢で、

主な目的は、指定された地域における

従来の規制を大幅に緩め、

外国企業を誘致する計画です。


指定された地域は以下の通りです。

・東京圏(東京都、神奈川県の全部または一部、千葉県成田市)

・関西圏(京都府、大阪府、兵庫県の全部または一部)

・沖縄県

・新潟県新潟市

・福岡県福岡市

~2015年に地方再生特区として追加~

・秋田県仙北市

・宮城県仙台市

・愛知県


海外の企業を誘致するためという面も大きいですが

指定地域の規制緩和という大きな役割も

担っています。

今回の荒川区の都立汐入公園内に

保育所を作るというのも

公園に保育所を特別に作っていい

という規制緩和が行われたわけですね。


それでは現時点までに決まっている

都立汐入公園内の保育所情報をお伝えします。


スポンサードリンク





2017年4月オープン予定

荒川区・都立汐入公園内の保育所は

2017年4月にオープン予定で

定員を162人とする決定を行っています。

世田谷区と品川区でも

荒川区のように公園内に

保育所を設置することを

検討しているそうですから楽しみですね!


汐入公園とは?

汐入公園は隅田川が隣接し、

「豊かで多様な水辺と緑に彩られた、

活力と潤いのある川辺のひろば公園」

というテーマのもと、

約12万6千平方メートルという

広大な敷地を保有しています。

公園内にはピクニック広場やテニスコート、

野外ステージまであり、

多目的公園として多くの人に愛されてきました。

この中に保育所を作るとなると

子どもや親からすると素敵な環境かもしれませんね。


まとめ

現在、東京都には7814人の

待機児童がいるそうです。

かつてから保育所の定員が足りないと

問題になっていましたよね。

今回の取り組みによって

少しでもこの問題が解消できるといいですね!


スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。